2010年01月19日

2009年12月30日の餅つき その1

毎年恒例の餅つきしました
(2009年12月30日)

会社と自宅の鏡餅は自分達でついた餅でつくろう

1年の感謝と、迎える新年も良い1年になるように願いを込めて、20年来の地元の有志で始めました

今では、恒例行事となり今年で8年になりました

勿論、私たち30代から60代、70代の大ベテランの方まで一緒になり朝から夕方まで1日かかり、約20臼近くつきます

これが餅米です。今年は45キロをつきあげます。

s-motituki2009 001 (14).jpg


s-motituki2009 001 (16).jpg


s-motituki2009 001 (17).jpg


s-motituki2009 001 (19).jpg


あとは、餅米が蒸しあがるのを待つのみ
s-motituki2009 001 (20).jpg


杵も、ケヤキの物まで準備してます。この数凄いでしょ
s-motituki2009 001 (21).jpg


こうして牡蠣を焼いて食べるのもも恒例になりました
s-motituki2009 001 (22).jpg


まずは、蒸しあがった餅米を杵でしっかりとつぶします
これをしっかりしてやっておかないと粒が残ります
s-motituki2009 001 (23).jpg


s-motituki2009 001 (24).jpg


s-motituki2009 001 (25).jpg


s-motituki2009 001 (26).jpg


s-motituki2009 001 (27).jpg


s-motituki2009 001 (28).jpg


さて、ここからが餅つきです
s-motituki2009 001 (29).jpg


私達は、偶数は割れるので、良くないと言って奇数の3人でつきます
s-motituki2009 001 (30).jpg


s-motituki2009 001 (31).jpg


s-motituki2009 001 (32).jpg


s-motituki2009 001 (33).jpg


s-motituki2009 001 (34).jpg


s-motituki2009 001 (35).jpg


s-motituki2009 001 (36).jpg


s-motituki2009 001 (37).jpg


s-motituki2009 001 (38).jpg


s-motituki2009 001 (39).jpg


それでも最後は、臼のお餅を持って帰る主が、最後の仕上げを1名でつきます
s-motituki2009 001 (40).jpg


s-motituki2009 040.jpg
こうして、日本の伝統文化は続きます

続きは、また後日UPします

最後は、鏡餅までお飾りまでしますよ









posted by コア at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
残暑御見舞 by 履歴書の書き方 (09/05)
胸章(リボン) by コア (09/15)
胸章(リボン) by 呉 仁娟 (09/15)
アルミ複合板 by とおりすがり (07/21)
アルミ複合板 by コアです。廃プラスチック回収の件です。 (07/21)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。