2010年02月07日

懐石と会席のちがい

「会席」と「懐石」 この2つの使い方ご存知です?


分かり易く言えばこうなります

 ●懐  石 = 空腹しのぎ目的の茶席の前の簡単な食事・質素なもの
         お茶を楽しむ目的

 ●会席料理 = 酒席の為の料理・ごちそう
         酒を楽しむ目的


 ▼詳しくはこちらを

 ◆懐  石
   修行中の僧侶が寒さと空腹をしのぐ為に、
   暖めた石を懐に入れて空腹をしのいだということから用いられ、
   元々は茶席の前の空腹を一時的にしのぐ質素な食事をいった
 
  「懐石」=「一汁三菜」又は、一汁二菜とされ、質素である事から、
   料理という言葉を付けずに懐石とだけで呼ばれた

   最近では、「懐石」と「会席」を区別する為、
   茶の前に出す簡単な食事を、茶懐石と呼ばれることもある
   茶の席なので、流派や作法、ルールを重んじる


 ◆会席料理
   「会席」とは、俳諧や連歌を楽しむ席のこと
   その会が終わった後の宴会で出される料理を
   会席料理といったのが始まりとの説

   最初はお酒も料理も少しだが、江戸時代から
   だんだん豪華な宴会となったようで、
   最近では酒席・宴会の料理を会席料理と呼ばれることもある
   (ここでいう宴会=大騒ぎではありません。あくまでも宴の席という意味です)

   お酒を飲む席(酒席)の料理である為、
   懐石(茶懐石)と違って、流派や作法、ルールは特にないとされます
   (しかし、最低限のマナーや、食事作法は忘れてほしくないですね)


■執筆後記
  他にも色々な説がありますが、私の見解をまとめました

   懐  石 → お茶(茶道)の前に出される(簡単・質素)
           お茶を楽しむもの
           一汁三菜の為、最初からご飯、汁物が出される

   会席料理 → 酒席の為の料理(豪華である)
            ご飯、汁物が後に出される

 上記2つの文字だけを見ると、「懐石」の方が高級な料理が出てきそうな気がしますが、
 言葉の由来では、全く逆なのです

 
 なぜ、私がこんなことを知っているかと申しますと
 以前、料理店様の店舗看板を製作施工させていただく時に、ふと疑問に思って調べたからです


以上「看板豆知識」というより用語説明でした


◆ブログ管理者の◆
看板.横断幕.懸垂幕.のぼり旗 北九州/福岡の有限会社コア



posted by コア at 03:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 看板豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
勉強になりますね〜!

字を見て、んっ と思うことはあっても
それ以上は考えないですよね!

また、覗きに来ます!!
Posted by aoki at 2010年02月09日 19:56
コメントありがとうございます
お役に立ててブログを始めて良かったです
これからも、お役に立てる内容にしていきます
ありがとうございました
Posted by ブログ管理者 コア at 2010年03月02日 21:57
コメントありがとうございます

お役に立てて嬉しく思います

これからもお役に立てる内容にしていきますので
また見に来てくださいね
Posted by ブログ管理者 コア at 2010年03月02日 22:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
残暑御見舞 by 履歴書の書き方 (09/05)
胸章(リボン) by コア (09/15)
胸章(リボン) by 呉 仁娟 (09/15)
アルミ複合板 by とおりすがり (07/21)
アルミ複合板 by コアです。廃プラスチック回収の件です。 (07/21)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。