2010年03月25日

COREが登録商標になりました

みなさま、いつも「看板の世界」をご覧いただきありがとうございます

この度、私どもコアで日本国内で広告分野(分類)において「コア」の名称で「商標登録」をしました

▼こちらが特許長長官による証明書です
s-2010-03-02core-20.jpg

▼名称だけではなくコアのロゴマークも商標登録しました
s-2010-03-02rogo-22.jpg
10年以上変わらぬロゴマークです

社章には、このロゴの下にcorporationをつけています
下に「corporation」「INC」「KK」「CO.,LTD」などを加えたり変えることは問題なく拡張性を持たせる為、あえて上部のCOREだけで登録商標としています
 <この様に、特許庁に登録された商標を「登録商標」といいます>


商標権とは「名前」「文字」や「マーク」を日本国内で独占して使用できる権利の事です(あくまでも分かり易く表現させていただいています)
上記の独占という言い方では、商標権を持った者にとって良い事ばかりに感じてしまいますが、本来の商標の概念は消費者を守る為の制度なのです

それは、消費者が求める商品名/組織名/製品名やそのマークを真似た模造品やサービスを、消費者が気がつかずに購入・契約をしないようにという消費者の為の制度なのです
(実際には製品やサービスを提供する側の主張する権利ととられている印象が強い気がします)

また、商標登録された場合、商標登録をしているという事を分かるように努める必要があるそうです(努めるという柔らかい表現です)

よって、本来の表現は
有限会社コア【商標登録第5305621号】
ロゴマークにも「CORE」【商標登録第5305620号】
といった様に表示するのが本来との事ですが

どうしても下記の様な表示が多いです
例)「有限会社コア®」
例)ロゴマークの「CORE®」
という表現が多いです

実はこの® は、マルアールと呼ばれ本来は米国内での商標権の印なのです、しかし、先ほどにもありましたように日本国内での法令は、商標登録をしている事が分かるように努めるという程度ですのでこのあたりは誰も何も言いませんし、むしろ、この®の方が何か伝わりやすい事もあり最近は®をつけるケースが増えているようです

ちなみに、米国(アメリカ)で商標登録をしていない物に®をつけると罰せられます。また、日本国内での商標登録していても海外に出荷する際に出荷先の国で登録していなければ、出荷先の国で商標を語る事はできませんし、輸出した場合は輸出業者が罰せられるそうです

参考にですが、他にも身近なものを下記にしました
® =登録商標(商標登録)registration
© =著作権copyright
TM=トレードマーク

自社で商標登録した事により、ブランド・メーカー様がロゴや文字などの取り扱いに、とても慎重になる理由が良くわかりました

特許庁ホームページにて詳しく載っています

商標登録でした

ブログ管理者の
看板.横断幕.懸垂幕.のぼり旗.製作会社 北九州/福岡のコアのHPはこちらです
posted by コア at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
残暑御見舞 by 履歴書の書き方 (09/05)
胸章(リボン) by コア (09/15)
胸章(リボン) by 呉 仁娟 (09/15)
アルミ複合板 by とおりすがり (07/21)
アルミ複合板 by コアです。廃プラスチック回収の件です。 (07/21)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。