2010年05月31日

ポール看板の柱の中身?

みなさま、「看板の世界-Sign Word」にお越しいただきありがとうございます

さて、私のブログは、看板の事ばかりに特化していないのが、多くの方に好評なようで、みなさまのお役に立てているという事に喜びを抱いています。

しかしながら、私は「広告看板業」でありますので、今回は「看板豆知識」をUPさせていただきます


◆それでは、今回の看板豆知識「ポール看板の柱の中身?」編に入ります◆


ポール看板って、ご存知ですか?

分かりやすくご説明しますと、地面に埋め込まれた支柱(ポール)によってささえられる看板だと思ってください

では、実際に見てみましょう

▼このように鉄骨の支柱(ポール)の上部に看板が取付られています
s-2010-05-31minami.jpg
大きさや仕様は様々ですので、今回はこちらの看板をUPさせていただきました

・最上部の巨大看板を支えている強じんなこの「2本の柱」ってどんな構造かご存知です?

・また、柱の中身を見た事あります?


◆実は、この柱の中にはある物がつまっているのです

(今回、設置してある看板の中身を覗いて見ることが出来ないので、同じ仕様・構造の柱を特別にお見せいたします)



◆◆それでは、この鉄骨の柱の中身をお見せいたします◆◆


▼どうぞ、ご覧ください!
s-2010-05-31koramu.jpg

▼では、角度を変えてどうぞ!
s-2010-05-31koramu2.jpg


「あれっ」って今つぶやきませんでした?


実は先ほどの大型看板を支えている支柱の中に詰まっているのは?

「空気」だったのです

柱の中全て「鉄」あるいは「鉄筋」や「コンクリート」が詰まっていると思われても不思議ではないと、私自信も思います

こんな柱で折れたり、転倒したりしないの?って思われる事でしょうが、
強度計算で厳重な審査を越え、行政からの認可を受けて、製作施工されているのでどうぞご安心して、どんどんお買い物をされてください。

また高所作業車などを使い、一年に一度法令による屋外広告物点検を行い、安全確認のものこの看板は保たれています。
その為、柱の中には空気以外に実は、私ども看板屋のお客様の看板に対する安全への思いも詰まっているのですよ

(一般の方には、屋外広告物の点検や、この柱の中に私ども看板屋の思いが詰まっている事を「意外」に知られていないのです)

(すみません「意外」→「普通」に訂正とお詫びをさせていただきます

話は戻りますが、先ほどの上から見た柱の写真を見ていただけます?角が丸くなっているでしょ、これは鉄の肉厚が6mm以上からこの様な丸いアール状になるのです

鉄骨の角パイプでこのように角が丸くなって、肉厚=6mm以上の物をコラムと呼んでいます


もし、お見積りなどで「コラム」などと表記されていればこの事です
(肉厚=6mm・9mm・12mm他鋼材メーカーによって若干異なりコラムにも色々あります)

また、私たちはこのような鉄骨角パイプ・コラムを含めて、外部から手でたたけばその音で、例)2.3mm、3.2mm、6mm、9mmなどとすぐに分かります。特に鉄骨関係の工作所の方なら、その重量なども頭に入ってります


もし、このようなポール看板を見て

「あっ、あの柱の中身って空気と、看板屋さんの思いが詰まっているんだな」

って思いだしていただければ、日本中の看板屋さんを代表して私が嬉しく思います


それでは、看板豆知識:「ポール看板の中身?」編でした


ブログ製作管理者:看板・横断幕・のぼり旗 / 有限会社コア
















posted by コア at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 看板豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
残暑御見舞 by 履歴書の書き方 (09/05)
胸章(リボン) by コア (09/15)
胸章(リボン) by 呉 仁娟 (09/15)
アルミ複合板 by とおりすがり (07/21)
アルミ複合板 by コアです。廃プラスチック回収の件です。 (07/21)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。