2011年09月07日

インターンシップ生との同行

みなさまこんばんは

看板の世界Sign-Worldへお越しいただきありがとうございます


本日は、インターンシップ実習生(久留米大学3年生)を、同行して
これまで施工した看板などを巡回しながら、お客様訪問を行いました

突然の訪問にも関わらず、笑顔でインターンシップ生ともお名刺を交換いただき
和やかにお話くださり、インターンシップ実習生もとても感激していました

企業や店舗のオーナー・責任者の方と、会話ができるのもインターンシップの良い機会です

工場で作業ばかりさせている受入企業もあると聞きますが、コアではそのようなことは致しません
せっかく、広告・ものづくりに興味を持って約10日間ですが、通ってきてるのです

しかも、弊社のような零細企業にです

大いに、「広告」「ものづくり」を見て体験して知ってもらいたいです

将来どんな道に進み、どのような壁にぶつかるかはまだ分りませんが、
大学生の間にこの様な体験を自ら選んで実践・経験した事は、必ずプラスになると思います

よく私は、インターンシップ生にこう言います

「もし、可能であれば、次は大手企業や全く興味のない分野・業種にもインターンで入ってほしい」

と告げます


それは、就職後に「その業界の外からの印象と実際のギャップ」を感じてすぐに離職したり、
他の業種や、他の企業の方が良く見えて離職したりという、実に勿体無い事を考えてほしくないからです


どんな業界・業種、どこの職場・会社でも、苦労や困難はあります


アルバイトの時と、正社員で就職した場合の違い、
(習ったことのないことを模索してやらないといけない・結果をださないといけない他)

数えきれないことばかりです


それをインターンシップで、企業で人がどのように仕事をしているか?などを中に入って知ることができるからです


「コアの様なものづくりをする零細企業の次は、できれば大手企業や全く興味のない分野で」
体験してほしいという事です


これから、就職活動を控えている学生さんに、コアが何かの役に立てればと思いだしてから、インターンシップが終了した学生さんから、お礼状が届くようになりました

みんな約10日という短い期間ではありますが、
「学生=吸収したい」と「受入企業コア=伝えたい」この重いが通じているからだと思います


最近の学生たちは、本当に真面目です
そして、熱心です


本日も学びの多い良い1日でありました


それでは失礼いたします


【ブログ管理者】  
看板.横断幕.懸垂幕.のぼり旗.製作会社 有限会社コア® 



posted by コア at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
残暑御見舞 by 履歴書の書き方 (09/05)
胸章(リボン) by コア (09/15)
胸章(リボン) by 呉 仁娟 (09/15)
アルミ複合板 by とおりすがり (07/21)
アルミ複合板 by コアです。廃プラスチック回収の件です。 (07/21)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。