2011年12月24日

自立式サイン-制作行程

 みなさまこんにちは。看板の世界 Sign-Worldへお越しいただきありがとうございます。

 大変ご無沙汰しておりましたコア縄田です。12月ですが、最近は師走という言葉もあまり耳にしない今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。今年はインフルエンザの流行も遅いという事です、その為、流行の収まりも遅く春先まで予防が必要になるそうです。今のうちに予防接種をされたり、生活リズムの改善など健康に少しでも心がけ快調な新年を迎えてくださいますようお願い申し上げます。

 さて、今回は、小倉南区にあるけいデンタルクリニック様の看板を制作させていただいています。今回は一点いってん部品から全て別注品として手作業で製作する為、お客様と小まめにコンタクトをいただきながらの制作をさせていただいています。

◆実物の制作の前にまず◆

▼実際に制作する実物大の看板を形どった模型を作製しました。
s-2011-12-24P12002.jpg
設置する位置、高さ、そして看板の大きさをこの様にして確認いただきながら決定します。

▼慎重な事なので、私たちだけでなくお客様もこの時は凄く真剣です。
s-2011-12-24P1200172.jpg
スタッフの方まで出てきてくださり一緒にしてくれました。

▼この位置、この高さで決定しました。勿論大きさもです。
s-2011-12-24P12002.jpg


ではこちらの看板というよりサインと呼びにふさわしい品の制作を開始します。

▼このようにお帯状の鉄の板を曲げて周囲のアーチを制作します。
s-2011-12-24P1210035.jpg

▼その中を飾る葉を制作します。
s-2011-12-24P1210038.jpg
一枚いちまい鉄板から切り出して、ハンマーで叩いて葉を作るんです。

▼このように仕上げるのですよ。
s-2011-12-24P1210042.jpg

 既製品の葉を並べると仕上がりが、自然な感じにならない・機械的になってしまいます。その為、今回は、この様な手作業での鍛冶工と呼ばれる方法で製作するようにしました。サンプルを作ってから実物を作るのでなく、最初から実物を作るという非常に経験と技術の必要な作業です。

▼そしてアーチの中に葉を収めるとこうなります。
s-2011-12-24IMG_0474.jpg

▼UPで見るとこのような風合いです。見事な風合いでしょ。
s-2011-12-24IMG_0470.jpg
組みながら調整をしてバランスを整えます。この後、ブラスト処理と呼ばれるガラスビーズの様な粒子で表面を綺麗に磨きます。

▼その間に今回のサイン(看板)設置の支柱工事を行います。こちらがその支柱となります。
s-2011-12-24P1210468.jpg
錆び止め効果のある下塗りグレーでまず設置します。

▼設置完了の後に、上部サイン(看板)と同じ色で仕上げ塗装をします。
s-2011-12-24P1210750.jpg

▼こちらはコンクリート部分にアンカー止め下部をコンクリートで覆って基礎としました。
s-2011-12-24P1210748.jpg

▼支柱工事の間にサインの方も進んでおります。
s-2011-12-24P1210783.jpg
ただいま、中に入れるプレート(看板面)を組みつけています。サインは亜鉛メッキ加工をして仕上げに青で塗装しています。ここで最終的な板の位置や傾きが無いかチェックします。

▼中に入れるパネルは今回アルミ板を使用する事にしました。
s-2011-12-24P1210787.jpg
厚みを持たせても重量が軽く、腐食にも強いというメリットがあります。

▼先程の葉もこの様な風合いです。
s-2011-12-24P1210788.jpg

▼アーチには「幸せを呼ぶ青い鳥」もとまってます。
s-2011-12-24P1210785.jpg

▼さて、アルミ板に貼るシートはローラーで貼りますのでヘラの傷など全く入りません。
s-2011-12-24P1210806.jpg

▼修は少し伸ばしておきます。

s-2011-12-24P1210808.jpg

▼数ミリ大きくしておいて
s-2011-12-24P1210814.jpg

▼このようにして反対面に少し伸ばして貼り付けるんです。
s-2011-12-24P1210816.jpg

▼上から見るとこうなります。反対側はこの上にシートが重なるので水の侵入が防げるのです!
s-2011-12-24P1210817.jpg
このようなひと工夫が納品後のお客様のサインの品質を維持するんです。何でもそうなのですが、その一工夫、ひと手間をかけるか?かけないか?が大きな違いを生むと思います。

 さて、今日のご紹介はここまでとして、再びこちらのサインの制作作業に戻ります。みなさま拝読いただきありがとうございました。

また続きは後日UPさせていただきます。どうぞお楽しみにされておいてください。


【ブログ管理者】  
看板.横断幕.懸垂幕.のぼり旗.製作会社 有限会社コア® 


posted by コア at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 自立式看板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
残暑御見舞 by 履歴書の書き方 (09/05)
胸章(リボン) by コア (09/15)
胸章(リボン) by 呉 仁娟 (09/15)
アルミ複合板 by とおりすがり (07/21)
アルミ複合板 by コアです。廃プラスチック回収の件です。 (07/21)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。