2011年09月29日

「オートバックス cars様」 看板製作設置

もう9月も終わりを告げようとしております

気が付いたら師走になんてならないように努めております

さて、当ブログ 看板の世界 Sign-Worldへお越しいただきありがとうございます


看板を付けて「物を売る」・「サービスを売る」・「集客する」・他、看板に求める要素ですね


しかし、昨今はその逆もありますね、事業者が「物を買う」というスタイルです


例えば、土地などの「不動産」、「貴金属」、そして・・・・・そう「車」です


▼今回、製作設置させていただきましたのが、こちらの看板です
y-2011-09-28cars.jpg
オートバックス小倉南店様:車を買取りのメッセージ看板です

こちらの看板は、建物壁に横から取り付けているのではなく、
建物の外寸法に合わせて製作した4面看板を、建物の屋根の上に乗せて固定しています

あわせて、看板を照らすアームライトと、駐車場/展示場を照らす大型ライトも取付させていただきました


オートバックス小倉南店様、この度も大変お世話になりました

店長様をはじめ、車買取りコーナーのご担当者様には、看板工事に際してとてもご配慮いただいたおかげで円滑に工事ができました、本当にありがとうございました


北九州市小倉近郊で、愛車を売りたいと思っている方は、オートバックス小倉南店(cars)様に
一度ご相談をされてみてはいかがでしょう


【ブログ管理者】  
看板.横断幕.懸垂幕.のぼり旗.製作会社 有限会社コア® 
posted by コア at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報 北九州市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

「Cavallino」様サイン

みなさまこんにちは

いつも当ブログ、看板の世界 Sign-Worldへお越しいただきありがうございます

さて、この度、小倉南区下曽根にあるザ・モール小倉2Fに、オープンしたCavallino(カヴァリーノ)様のサイン工事をさせていただきました

▼この度のオープンおめでとうございます
s-2011-09-277 (4).jpg
清潔感溢れるすっきりとした店内には、
イタリアをはじめとする海外から直輸入の品が並んでいます

▼小倉南区唯一の「People Tree」ピープルツリー取扱い店です
s-2011-09-277 (5).jpg
フェアートレード、もうご存知の方も多いでしょう

フェアートレードとは?

▼こちらにはイタリアの工場から直接仕入れの皮製品が並びます
s-2011-09-277 (2).jpg
ハンドメイトの生産工場へ行って、見て、素材に触れて、職人に会って、
確かな品を確認して仕入れているため品質は確かです
(僕もオープン前にひと目見て気に入り、メンズ物1点買いました、大満足の品質です)

▼People Treeの洋服も、2つのフィッティングルームと共にお待ちしております
s-2011-09-277 (6).jpg

▼フィッティングルーム内も素敵な空間
s-2011-09-277 (1).jpg

▼こちらのフィッティングルーム内は可愛い空間
s-2011-09-277.jpg

▼「みなさまのご来店を、スタッフ一同心よりお待ちしております」と笑顔が素敵な吉永店長様
s-2011-09-277 (3).jpg
コアで施工させていただいたこちらの看板にも大変満足いただき、私も嬉しく思います
この度、ご用命まことにありがとうございました


実は、商品の価格帯ですが、生産工場から直接仕入れのため、驚くほどにお買い求め易い
価格設定となっているのですよ

◆ご自分用、プレゼント用にいかがでしょう

ショップの所在地は、北九州市小倉南区下曽根ザ・モール小倉2階のトイザラスのそばです
イタリアンレザー&フェアートレードショップ カヴァリーノ様HPへ

【ブログ管理者】  
看板.横断幕.懸垂幕.のぼり旗.製作会社 有限会社コア® 
posted by コア at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報 北九州市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

小倉城

みなさま、おはようございます


先日、北九州芸術劇場に行きました
(北九州市のリバーウォークという施設内にあります)


変わった作りの建物なので、リバーウォーク内からこのように「小倉城」も見えます
s-2011-08-22kokkurajou.jpg
大昔にこのような城をどうやって作ったのだろう....何度見ても同じ思いになります


それが、歴史的建造物なのでしょう


それでは、今日も1日はりきってまいりましょう


【ブログ管理者】  
看板.横断幕.懸垂幕.のぼり旗.製作会社 有限会社コア® 

2011年04月18日

畳の表替え?

みなさまこんばんは

Sign-Worldへお越しいただきありがとうございます

先々月にUPさせていただきました西村畳工業様へ、畳の製作見学をさせていただきました

▼西村畳工業様です、凄く立派な玄関でしょ
s-2011-04-18nisimurasama (251).jpg
玄関という呼び方にふさわしいお店構えですね


さて、創業80年を迎えた老舗畳店の西村畳工業様、中はどのようなお仕事をしているのでしょうか?


◆今回は、畳の表替えの工程を見学させていただきましたので、ご紹介させていただきます!

私の解説がうまくないかと思いますが、どうぞ最後までお付き合いの程よろしくお願い申し上げます




【1】痛んだ表面を剥がす

▼今回、張替える畳を台の上に置きます
s-2011-04-18nisimurasama (3).jpg

▼畳の周囲を縫っている糸をカットして
s-2011-04-18nisimurasama (4).jpg

▼畳の側面に着いている帯もほどきます
s-2011-04-18nisimurasama (9).jpg
この帯を「へり」と呼ぶそうです

▼こうして畳の表を剥がします
s-2011-04-18nisimurasama (16).jpg

▼表を剥がし終えた畳です
s-2011-04-18nisimurasama (19).jpg

▼側面を近くで見ると、これが畳の中なのです。全て草ではないのですよ
s-2011-04-18nisimurasama (20).jpg

▼この白い板のような物は・・・?
s-2011-04-18nisimurasama (23).jpg
▲畳と壁の隙間を埋める為に、畳屋さんが間に詰めて厚みを調整している帯なのです

という事は、畳の張替を1回はしているという事になるそうです!


◆実は、畳を敷いている部屋の周囲の木の部分が年月が経つと共に、
 木が痩せてしまったりして、四角い部屋でも、実は少しずつひし型や
 台形のようになっているそうで、張替える時にその部屋に合わせて
 このように詰め物をして調整するそうです

 よって、部屋に敷いている畳の配置を変えると、隙間が出来たり、
 上手く入らなかったりとするそうです




【2】新しい表面を張る行程

▼先ほどの詰め物はこのように新しい畳を張ることで隠れます
s-2011-04-18nisimurasama (24).jpg

▼ここで、もうひとつワンポイントです、はがした畳に書かれたこのような暗号は
s-2011-04-18nisimurasama (27).jpg
▲「カミ」と書かれているのは、一つ前の写真で白い紙(カミ)を入れて
すき間を調整している写真がありますが、ここの「カミ」はこの部分に
カミ一枚分のすき間がありますので、カミを入れて調整してください。
という事を、作業をする職人さんに指示している意味のカミでなのですよ

◆凄い連携ですね!また、このように私を工場へご案内いただき丁寧に
 ご説明くださるところも創業80年を迎える確かな技術と、人に対する
 あたたかさを感じます


▼さて、表を新しくしましょう
s-2011-04-18nisimurasama (32).jpg

▼端を千枚通しのような道具で固定
s-2011-04-18nisimurasama (33).jpg

▼この機械で押さえると
s-2011-04-18nisimurasama (34).jpg

▼横から針が出て縫い付けられます
s-2011-04-18nisimurasama (36).jpg

▼では、横を見てみましょう
s-2011-04-18nisimurasama (40).jpg

▼次は台の上で反転して
s-2011-04-18nisimurasama (41).jpg

▼手で張って専用の道具で固定
s-2011-04-18nisimurasama (42).jpg

▼そして機械で押さえ縫い付ける
s-2011-04-18nisimurasama (47).jpg

▼次は、定規を固定して畳の両端の飛び出たのを
s-2011-04-18nisimurasama (48).jpg

▼カットします
s-2011-04-18nisimurasama (50).jpg

▼更に反転をして
s-2011-04-18nisimurasama (55).jpg

▼反対側もカットします
s-2011-04-18nisimurasama (61).jpg

▼こちらがこれまでの作業をした台です
s-2011-04-18nisimurasama (63).jpg




【3】畳の「へり」と呼ばれる帯を縫い付ける

▼こちらの機械に畳をはさみ
s-2011-04-18nisimurasama (64).jpg

▼畳の「へり」と呼ばれる帯をミシンで縫い付けていきますよ
s-2011-04-18nisimurasama (65).jpg

▼ロール状になったへりを
s-2011-04-18nisimurasama (66).jpg

▼この機械で上部のみを縫い付けていきます
s-2011-04-18nisimurasama (67).jpg


・次はへりの下側を縫いつけます

 
▼まずは畳の角に合わせて折り目をつけ
s-2011-04-18nisimurasama (83).jpg

▼折り曲げていきます、結構、力仕事のようです
s-2011-04-18nisimurasama (84).jpg

▼仮固定をして
s-2011-04-18nisimurasama (85).jpg

▼見難いでしょうが下はタッカーで仮固定
s-2011-04-18nisimurasama (88).jpg

▼この作業を両側共にします
s-2011-04-18nisimurasama (89).jpg

s-2011-04-18nisimurasama (92).jpg

s-2011-04-18nisimurasama (94).jpg

▼縫っていきます
s-2011-04-18nisimurasama (101).jpg

▼すごいでしょ?
s-2011-04-18nisimurasama (102).jpg

▼次の瞬間、畳が宙に浮びはじめ
s-2011-04-18nisimurasama (103).jpg

▼回転を
s-2011-04-18nisimurasama (104).jpg

s-2011-04-18nisimurasama (105).jpg

▼反転をしたら
s-2011-04-18nisimurasama (106).jpg

▼自動的に大型ミシンが動きだし
s-2011-04-18nisimurasama (107).jpg

▼横からUPで見るとミシン針で縫っています
s-2011-04-18nisimurasama (108).jpg

s-2011-04-18nisimurasama (109).jpg

s-2011-04-18nisimurasama (110).jpg

s-2011-04-18nisimurasama (111).jpg

▼回転をして
s-2011-04-18nisimurasama (144).jpg

▼停止
s-2011-04-18nisimurasama (148).jpg

▼さいごに手作業で四隅の糸をカットして
s-2011-04-18nisimurasama (167).jpg

▼張る前に付いていた表の折り跡を、丁寧に専用ローラーで押さえると
s-2011-04-18nisimurasama (169).jpg

▼消えていきます
s-2011-04-18nisimurasama (171).jpg

▼こちらがその専用ローラーです
s-2011-04-18nisimurasama (172).jpg

▼こうして1枚の畳の表替えが完成となるわけです
s-2011-04-18nisimurasama (173).jpg

▼納品前の保管場所へ移動されます
s-2011-04-18nisimurasama (174).jpg
(納品前に表面をしっかりと拭いて納品となります)


◆みなさま、こうして見ると分かるのですが、1枚の畳を表替えるのに
 これだけの工程と、職人さんの思いが込められているのですよ

◆卓越した技術・綺麗に早く作業をする為の設備・広いスペース・
 職人さんの畳に対する思いこの全てが揃って、高品質な畳を短納期で
 提供できる訳なのです


・・・僕もこんなに工程があるとは思ってもなかったので、かなり驚きました・・・


・・・何でも簡単に考えてはいけないと思いました・・・


おしまいになりましたが、今回の見学にお伺いしたところ
業務が終わっていたのにも関わらず、快く、張り替えを実施くださり,
本当にありがとうございました
(後日は、障子の張替、へりなし畳についてご紹介させていただきます)



今回のブログにご協力くださったのは弊社のお客様の
北九州市の畳・障子・ふすまの西村畳工業有限会社様です

s-2011-04-19nisimurasama (285).jpg
写真左:コア縄田   写真右:西村畳工業 姫路社長様

私からも自信をもってご推薦できる「丁寧・スピードが評判の畳屋様」です


みなさま、最後までお付き合いいただきありがとうございました。それでは、失礼いたします


【ブログ管理者】  
看板.横断幕.懸垂幕.のぼり旗.製作会社 有限会社コア®HPはこちら


posted by コア at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報 北九州市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

創業80年のお客様

みささまいつもご拝読いただありがとうございます

当ブログ「看板の世界 Sign-World」の縄田です

看板業をしていると、お客様のオープンに深く関わらせていただく機会が実に多くやりがいのある仕事に誇りを持っています

私達は、お客様の会社や店舗の誕生に関わらせていただくわけですから、感動秘話もたくさんあります

◆会社とは人と同じく、「誕生」だけでなく「節目」という機会もあります◆

昨年、お客様の大きな節目にコアが関わらせていただきました

それは、創業80年を記念に、お店の顔・看板を綺麗にしたいというご用命でした

80年前の当時は、道路は当然土?自動車などなく、家には電気もなく、井戸水を組み、蒔きでお風呂を沸かしていたのではないでしょうか

それでも日本の文化「畳」は当然あったでしょうが、その頃に創業された畳店様が代々暖簾と共に、卓越した技術を受け継がれて今日存在されている事って凄いと思いませんでしょうか?

だって、私の会社が50年後・70年後に存在しているかと考えるとその凄さを実感できると思います(あっ、なるほどぉ、と思って頂きたい気持ち半分と、コアさんなら70年後もあるよっていって頂きたい気持ち半分ですが・・・)

さて、創業80年を迎えられた西村畳工業の社長様とお話して感じたのは、工業系(職人系)の香りが全くなかった事です

私達との対話も凄く丁寧ですし、畳のことも丁寧にご説明くださったりと、とてもお話がしやすい社長様だと感じました

この度のお仕事を通して看板業の私たちも昔堅気ではいけないと、再認識させていただくありがたい機会になりました。本当にありがとうございます。あらためて御礼申し上げます。

▼こちらが私どもがご用命いただきました「西村畳工業様」の看板工事の模様ですs-2011-02-22misimurasama.jpg
お店の前全体を木材で額縁を作り珪藻土(けいそうど)を使って「和」と「モダン」を両立させた素敵な看板が印象のお店構えになりました

◆この「和」と「モダン」はお客様からのリクエストです◆

この西村畳工業有限会社様記念にあたる工事で特にお世話になりました株式会社かんり様をはじめ多くの業者様と共にお仕事ができた事を心から感謝申し上げます

勿論、北九州市の老舗畳店の西村畳工業様とお仕事のご縁があったからです


工事完了の祭には、とれたての身がぎっしりと詰まった美味しいみかんを袋いっぱいいただきありがとうございました


この度は、大切な節目にお仕事を通じて関わらせていただきました事に、心より感謝申し上げます
本当にありがとうございました、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます

そんな素敵な西村畳工業様のホームページはこちらです
(畳のお手入れなどの情報!もあるので是非ともチェックされてみてください)

それでは失礼いたします


  
看板.横断幕.懸垂幕.のぼり旗.製作の有限会社コア® 

2010年10月01日

今日の私・・・・

みなさまいつもお世話になります

コア縄田です

今日から10月です。衣替えはおすみでしょうか

さて、実は今日、今年で創業80年を迎える老舗畳店の三代目店主との看板のお打ち合わせがありました。老舗ならではの圧倒される歴史と、仕事へのひたむきな姿勢には教えられる事ばかりでした

看板のお打ち合わせも無事に終わり、僕の10年強という弱い社歴に対して謙虚な心でその場を去りました

しかし、10年強という社歴にはお客様への感謝の思いでいっぱいであります

この場をかりてあらためて感謝申し上げます

さて、次の行動予定ですが、小倉南区横代付近の既存看板の下見です

この横代という場所ですが、すぐ近くに、生パスタ「デルジョルノ」というパスタ専門店があります。かなり分りにくい場所にあるにも関わらず、美味しいとの評判でお客さんで溢れる人気店です

なぜ男の僕がそんな人気店を知っているのかと申しますと、弊社HPでもご紹介させていただいていますコアの大切なお客様なのです
(いつもお世話になります)

しかし、何度か食事にと思い向かいましたが、いつも駐車場は満車・外から見てもお客様で溢れている光景に断念しておりました・・・


本日は、看板のお打ち合わせ・看板の下見を済ませたお昼過ぎということもあり、以前から楽しみにしていました生パスタのランチを本日の行動予定に入れ込みました


▼しかし駐車場はご覧のとおりs-2010-10-01delu-.jpg
本当に人気店なのです

今回も、幸せの生パスタへの夢を叶えられずに会社に戻しました・・・

あっ、すみません。今の表現は僕の空腹が勝手にキーボードを叩いた事で、
当ブログライター&コア代表縄田のことばではありませんよ


僕が諦めないといけない程、お客様のお店が賑わっている事は本当に嬉しく思います

でも、ご安心ください。このブログをご覧の方のテーブルとイスはありますよ

僕はデルジョルノ様に看板などのお仕事させていただいていますので、お店が少しすいた時間にシェフ様にお会いしてゆっくりとお食事をいただきたいという事で、少しすいたタイミングに食事をしたいだけです

ブログご覧の皆さまは「お店のすいた時間」より、皆さまの「お腹のすいた時間」を選んでください

素敵なインテリア&美味しく食事・ゆっくりくつろげるお店
女性客に大人気のしあわせの生パスタ「デルジョルノ」横代店様です


それでは、失礼いたします


今日から衣替え実施中のコア縄田です

【ブログ管理者】  
看板.横断幕.懸垂幕.のぼり旗.製作会社 有限会社コア®HPはこちら

posted by コア at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報 北九州市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

現役81歳でハーレーで世界を走る

みなさま「看板の世界 Sign-Word」にお越しいただきありがとうございます

▼医療関係情報誌「OffTime」をご存知ですか?
s-2010-04-13scan25.jpg

その「OffTime」に「昭和3年生まれの81歳」で重量=約400キロのハーレーダビッドソンを乗り、日本〜世界をツーリングをするというなんとも羨ましい人生を送っておられる北九州の方が取材を受け記事になりました(健康面+人生の過ごし方ともに驚き+羨ましいですね)

▼こちらがそのハーレーに乗る島田様です
s-2010-04-13scan26.jpg

▼記事もとくとご覧ください。その健康の秘訣はこの中にあります
s-2010-04-13scan27.jpg

その島田様が、ハーレーダビッドソン北九州様の、コアで製作させていただいた記念パネルを気に入ってくださったそうで
「同じような仕様で、自分の物も作ってもらえないでしょうか?」
と相談をいただき私も喜んで承りました

写真素材のやり取りなどハーレーダビッドソン北九州西村部長様、OffTime様のご協力もあり良い品質にて製作ができました。本当にありがとうございました

そのパネルがいよいよ完成して、本日ハーレーダビッドソン北九州様でお渡しさせていただきました

包みを開封する島田様の笑顔は、おもちゃの箱や、プラモデルの箱を開ける少年の様な素敵な笑顔でした(私もこんな素敵な80代を送りたいです)
記念パネルの完成度を、「想像以上に凄く綺麗にできている」と心から喜んでいただき私も大変嬉しくなりました

▼ご満足いただき笑顔が素敵な島田様と記念パネルを囲んで記念撮影
s-2010-04-13P1040721.jpg
写真左:島田様 写真中央:縄田 写真右:西村部長様(ハーレー北九州)

▲▼パネルに写っているのは今年はじに撮影された島田様と愛車ですよ!

【格好良いですよね】

▼では、今度は私とふたりで
s-2010-04-13P1040724.jpg


▼次は西村部長様とふたりでs-2010-04-13P1040723.jpg
「このパネルに写っているのは私です!」と島田様よりメッセージ


〜すみません、島田様と記念パネルの取り合いになって・・・〜


▼あらためて、主役の島田様と記念パネルですs-2010-04-13P1040726.jpg


▼仕事の関係を超え握手までしていただきました
s-2010-04-13P1040729.jpg


〜島田様のハーレーライフをご紹介いたします〜s-2010-04-13P1040735.jpg

1954年(昭和29年)国産オートバイに乗り始め、1981年(昭和56年)からハーレーライフのスタート(現在400ccのモトクロスも乗っているそうです)

1993年には、米国ロス出発→ミルウォーキー→シカゴのコースで、1日800キロのペースで、砂漠の様な中の道やロッキー山脈を超え、13日間のツーリングを完走

2009年には、米国で開催されたハーレー誕生105周年記念イベントで、ハーレーに乗ってシカゴ出発→ミルウォーキ→カナダ/ナイヤガラの滝を見てニューヨークまでをツーリングしたりハワイ島も走破

ヨーロッパには2度行かれたそうです
1度目のコースは、スペイン→モロッコ→スペインのコースを
2度目のコースは、スペイン→ペレネ(山脈)→フランス→スイス→イタリア→スペインというコースで走ったそうです
途中、氷河の横を走ったり永遠に続くアウトバーンをひたすら走り続けた時は孤独を感じたそうです
ヨーロッパツーリングに行った時は、島田様ご自身で現地在住の日本人とインターネットやメールで直接やり取りされて行かれたそうです

(若い方で、コンピューター・インターネット等を使いこなせていない方は、急いでマスターしてくださいね。仕事を引退した後に楽しみは沢山あるようですよ!)


▼島田様はこう言います
「日本はとても綺麗な国ですが、私が今までハーレーで走った国の中で最も綺麗だと思ったのはスイスでした。白い壁に屋根といった家が立ち並び、もうテレビのチロリアンの世界でしたよ」と満面の笑みで話してくださりました

他にも、マレーシア3回、インドネシア、タイ、ベトナム、韓国はここ近年毎年ハーレーにて

ハーレー様にも島田様が韓国をハーレーで走る写真がありました!


日本でも、北は北海道(利尻・礼文)、南は沖縄まで走ったそうです
フェリーで渡れる島で、本州の大島、長崎五島ほか5箇所以外の島は一度は愛車で行っているそうです

先月伊豆に行った時に走行距離が20万マイルを超えたそうです。地球10周?って事になります
(1マイル=約1.6Kmなので、32万Kmを走っている事になります)

 
◆走行距離や、行った先だけが、驚きな方ではないのですよ◆

昔、「北九州祭り」「港祭り」山口県の「馬関祭り」などで白いハーレーがパレードをしていたのを覚えていますか?

あのハーレー集団は島田様方「九州ハーレー会」という組織だったのです1975年に発足、島田様は1982年から所属して現在会長を務めています

その他、日本赤十字社の献血運動、宗像・赤間・久留米方面での交通安全パレードなどで、各市区町村や警察署長からも多数の感謝状を授与するハーレーを通して社会貢献をされた方なのです

▼今週末から広島へボランティアの植林活動に行く為、現在整備中の愛車です
s-2010-04-13P1040737.jpg

「バイクを通して色んな人と交流ができるのが素晴らしい」
「信号待ちで見ず知らずの若いお兄さんと挨拶を交わして気さくに話せるっって嬉しいです」本当に幸せそうな笑顔で話してくれました

島田様、いつまでも安全運転でハーレーライフを楽しんでくださいね
また、これからも多くの方に夢をあたえてくださいね


おしまいになりますが、情報誌掲載記念パネルはお仕事として製作依頼のご注文により製作させていただきましたが、交通安全を願う九州ハーレー会の島田様がハーレーを通じてこれまでされてこられた社会活動に心からの感謝と、80代ハーレードライバーであることを祝して、ハーレーダビッドソン北九州西村部長様と共に、記念と感謝の意を込めて島田様へ寄贈することとさせていただきました

それではみなさま方も、2輪、4輪共に安全運転を励行したしましょう

ブログ製作管理者:看板・横断幕・のぼり旗 / 有限会社コア



posted by コア at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報 北九州市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

【板金塗装看板】取付編/北九州市

みなさん、こんにちは

本日は、小倉で看板取付をさせていただいていました

  意匠=「板金キズヘコミ直し」
  サイズ= 縦3m×横6m 
  材質= アルミ複合板+インクジェット出力+紫外線カットラミネート加工
       (長期対応年数を実現します)

  
▼こちらが、その看板です。大きいでしょ?→ 縦3m×横6mの超大型です
s-2010-03-30sa.jpg
右下にいるのが、私です。小さいでしょ?→ 縦167センチ×W76センチの超小型です・・・
あっ、すみません皆様には全くご興味のない私ごとで・・・


▲さて、この看板の付いている壁は、大型PIT入口になります▲

この奥は、自動車整備のテスターから板金塗装ブース設備まであり
カーディーラーよりはるかに大型のPITです


店内のお客様待合室からガラス越しに、愛車のオイル・タイヤ交換から法定点検・整備をしているところが見えるので、特に車を大切にしている方でも安心して愛車をお任せできる環境です

私も、日常のエンジンオイルやタイヤ交換等していただき大助かりです
また、仕事道具を搭載する営業車には、セキュリティーシステムの取付から、アフターフォローまできちんとしてくださりとても感謝しています。おかげさまで、九州全域を走るコア営業車はいつでも快適+絶好調です

1月は閑散期という事で仕事を追っていたコアも、3月は年度末ということで夜間作業+休日返上で看板製作・取付に追われています
落ち着いたら営業車のヘコミを修理していただこうと思います


        〜ご紹介遅れました〜

こちらがそのカー用品からお車のメンテナンス、整備/車検、車のキズヘコミ直しまで対応の「スーパーオートバックス」小倉西港店様です
s-2010-03-06sap.jpg

ETC、オーディオ、タイヤ、ホイール他、豊富な品揃えで、実際に見て欲しい物を選べる魅力溢れる大型店舗です
これからのドライブ・行楽シーズンをより楽しくして出かけましょう


ブログ製作管理者:看板・横断幕・のぼり旗 / 有限会社コア




posted by コア at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報 北九州市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
残暑御見舞 by 履歴書の書き方 (09/05)
胸章(リボン) by コア (09/15)
胸章(リボン) by 呉 仁娟 (09/15)
アルミ複合板 by とおりすがり (07/21)
アルミ複合板 by コアです。廃プラスチック回収の件です。 (07/21)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。